いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark

闇の中の闇

           闇の中の闇 

  −老いたる者をして静謐の裡にあらしめよ
   そは彼ら心ゆくまで悔いんためなりー  中原中也 「空しき秋」第十二 


 12月、20時の虚空(そら)を仰ぎ
 振り上げられた鈍器のような気配に
 たがわず現実は いまわれここに在ると知る 
過去(すぎゆき)のみ空の群青をおもえば 『北一輝』1冊行方も知れず
 熱閙に泡だって 失いし日々と重ねる 
行人のシルエットは あやかしげな電飾(イルミナシオン)に浮きあがり
 時代と交差してながれてゆくか 
車窓を過ぎる明滅は 輝ける闇の正反動のように
 軽佻の色彩を奏で終息(やま)ない
 これが現在(いま)、ROIKAを待ちながら
 さむざむとたばこをふかし 
弔旗立つ闇の中の闇を見すえる
いのちの声 | permalink | comments(13) | trackbacks(0) | pookmark

食べてはいけない

食べるな危険2 テーマ:オーガニック 訂正  昨日「食べるな危険」と週刊現代の見出しを書きましたが、よく見ると「食べてはいけない」でした お詫びして訂正いたします。これにより各方面の「純粋無辜」の善意の、かつ関係ない人々に多大なご迷惑をたまたまおかけ致しました事を痛烈に謙虚に受け止めて反省いたします。 此の件は誠に遺憾に存じます。このようなことは、まれによくあることですので関係各位にはご留意いただくと共にワタクシはマチガイの再発に鋭意努力いたす所存でございます。 さて、昨日の続編 以前にも書きましたが、養殖の背曲がりハマチ inotinokoe.img.jugem.jp/20100603_1767250.jpg" width="300" height="206" alt="セマガリ" class="pict" /> 奇形のハマチを3枚におろしてスーパーで安売り、もちろん奇形には理由がある 「毒物」が原因 こんな汚染された魚がまかり通る(国産)では、外国から来る得体の知れない「お魚」が盛り合わせになっていたら分かりませんね。 もしかすると・・・放射能や、強力な毒物(ナチが生産した化学兵器は何処に廃棄されたでしょう)に汚染されているかもしれない。単品で売る場合なら生産地や種別の表記が必要ですが、2種以上の入ったものは「加工食品」扱いなので 冷凍、養殖、原産地を表記しなくていいのです。 それの商標は  「ヘルシーお刺身盛り合わせ」でも 「家族が大満足!お刺身の粋」でもいいのです 小さい魚を大きな魚が食べる、「有害物質」が濃縮されてゆく、その循環の最後に食べるのはあなたかもしれない。ソレが体に入ると出てゆくことは無い。女性は子供を生んだら子供にソレを濃縮してわたせます。母乳でもわたせます。第1子がかなり持って出てくれるのです。これで母はすっきり! しかし、ソレは胎児のとき脳に傷をつけることがある。異常な妊娠です。おそらく生まれません。 生まれたとしてもいま日本では4人に1人の赤ちゃんが「奇形」です。「死産」という扱いになるでしょう。毎日ソレを見る羽目になる産婦人科の医師はなり手が無いのが分かります。 見た目普通でもその後何らかの異常がある、また成長に従いさまざまな障碍が出てくる。 それより以前に勃起しない男(缶コーヒー飲んでいませんか?)、妊娠できない女(加工食品に頼るいい加減なダル女)ただ仮想に生きている人たちも哀れです 世界の人口が爆発しているのに何で祖国は少子化か?考えたことあります? 少子化担当大臣が アレ(朝鮮人)では解決のつけようもない、それも社民党(アジアのダニ)が離脱したので、何も起こらない。なんてアホの集まりでしょうか。 それは、親の責任ではないか 子供が生まれる前どんなものを食べ、どんな生活をしていたか、胸に手を当てて考えて欲しい。 何の理由も無く「奇形」が生まれる確率は恐ろしく低いのです。自然界は調和しているのですから。 いま、不幸にして障碍を持って生まれた人たちには、手厚い福祉を! しかし、これを放置してはいけない。二度とそのような災禍が人の上に降りかからないよう、「政治」を変革するべきだ。どのような政治利権で罪もない「無知なだけの」な人々が苦しんでいるのか知るべきときが「今」なのだと思う。 ニセモノ食品は ニセモノの人生を作ってしまう それは、病気、ソレに伴う貧困 思考力の低下・・・・・etc これが、大東亜戦に破れた有色人種(日本人)の現況です。お断りしときますが、これが世界の常識ではありません。ただ日本にだけおきている災禍です。 それを、観て見ぬ振りをしてきた既成政党 自民、民主   共産党までどれも同じモノです。 腹が立ちませんか?
いのちの声 | permalink | comments(22) | trackbacks(0) | pookmark

救急車がくる前に

あなたは「勇気アル」人か、卑怯者か、イザというとき試されます。 知識が豊富で頭の切れもよく生まれも学歴も申し分なくて、社会的に認められる人物で、お話すればユーモアたっぷり、センスがいい論調、賢者と議論しても堂々と論破できて、おつりまでもらえるような人でも、 求められるとき「行えない」ではお値打ちありません。ヲタクと選ぶところが無い! ということで、「いのちガ失われようとする時」 自分にできることを習得に講習会に参加しました これで2回目です。3時間の講習には自発的に参加した市民(とても、とてもまともな人たち)が18名 老若男女が熱気あふれる「実技」に取り組みました。 私、自身数年前稽古に向かう途中、団地の暗い坂道で事故にあったばかりの「認知症の老婆」を救助しようとしたことがあります。着ていたスーツは血みどろ、当時は感染を防ぐマスクも無く口に当てた(彼女はすでに死んでいたのですが)ハンカチも老婆の口から流れ出る血で息を吹き込めない。心臓を圧迫する作業8胸骨圧迫)をはじめて15分、やっと来た救急車に彼女をゆだねる前に、私の腕の中で彼女は冷たくなっていた。見知らぬ老婆の口に自分の口をつける、しかも血の味がする・・・・・ あなたの大好きなおばーちゃんを人類の中でただ一人その時点で助けることができるかもしれない。 わたしは、無我夢中でやりましたが、結果は「残念」 次にそういうことがあっても「全力」でやれるようにと願います。 この事故のとき老婆からなんかの病気を貰ったようですが後悔はありません。 そのときは AEDを一般人が使えるようにはなっていませんでした。 今回は そのAEDも講習に入っていました。 数年前、大阪の私学で野球の試合があり、バッターの打ち返した打球がピッチャーの心臓を直撃した、彼は倒れて、心臓が止まりました。そのとき、居合わせた救命士がAEDを使い彼を蘇生させました。 救命士がいなければ彼はもうこの世にいません。有望な少年が死んでいたのです。 1分を争う「事態」に邪魔なのは野次馬 取り乱した家族  これは容易なことではありません。 それでも、自分の責任で救助を待つ人を放置しない(見てみぬ振りをしない)ことを自分に誓います 講習を受けてみるとAEDは意外と簡単! 何処にも設置されている 難波御堂筋線駅のAED 難波 御堂筋線駅のAED難波 御堂筋線駅のAED 自動販売機にも設置されている(気をつけてみてください、あなたがAEDを持ってきてくれるように頼まれるかもしれない、それで人の命が救われるならあなたも重要な役目を果たせます) 胸骨圧迫は本当にしんどい! 5分もやると私でも疲れる!まして一般の人はかなりのもんでしょう それでも、参加者は熱心に5分間ダミーの胸を「強く」「速く]押しました。 あなた方こそが 町のヒーロー 地に足のついた「日本人」 いい経験を積ましていただいてありがとう!
いのちの声 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark