いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark

岸和田蕎麦の名店「粉太呂」にて1.5斤

大城戸豊一 蕎麦食いでして・・・

蕎麦は東京で大學時分おいしいモノを食べました。

しかし、信州にはヘリポートがある(へりで食べに来る)そば屋があるそうです
恐るべし!

とはいいながら、へりを持っていないしがないわたくしは泉州の名店「粉太呂」で蕎麦を食べるのでした・・・チャンチャン
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

安全なミカンの便り愛媛県松山市中島から

松山は私の故郷 そして祖母の生まれた中島からいい便りです
以下 安全な食品ネットワーク「オルター」HPから転載致します

引用開始

島みかんの有名産地・中島で泉精一さんがつくる、
香り高い有機レモンと有機レモン果汁。

●島みかんの島の有機レモン

 愛媛県松山市の沖合い、瀬戸内海伊予灘に浮かぶ中島(なかじま)は、おいしい島みかんの産地として有名です。全国のみかんの1割を愛媛県が生産し、その愛媛県の1割を中島が生産するほど、みかん作りに適した気候の島です。
 その中島の山地の急斜面、83アールの農園で、中島ゆうきの里・中島有機農業研究会の泉精一さんは一切の化学農薬を使わず、無農薬でレモンを栽培しています。有機の認定も受けておられます。この泉さんの無農薬レモン栽培の活動は「国産グリーンレモン」としてNHKや全国紙にも紹介されています。

●近代農業で人も畑も健康を失った

 泉家は代々の農家です。祖父の代に泉姓で分家したので3代目になります。お父さんは建設関係の仕事で海外で要職に就かれていたインテリでしたが、息子である泉さんには「百姓が一番いい」と、畑を増やして百姓をさせる事を望まれていました。泉さんご自身、農業高校1年生で終戦を迎え、迷わず農業を目指されたのでした。
 農家になった泉さんは、近代農業のまさに優秀なパイオニアでした。四国代表の優良農家としてNHKで紹介されたり、農林大臣賞を受賞された事もあります。町会議員、農協共撰のトップとして活躍された事もあります。しかし1975年、泉さんはその全てを捨てて有機農業に身を投じられたのです。
 自分の畑からミミズが消えていました。果樹の突然の落葉や次々と新しい病虫害に襲われました。作るみかんの味も悪くなり、昔の面影を失いました。長女を4歳で亡くされ、ご自身もありとあらゆる病気に冒されていました。そんな時、有吉佐和子著「複合汚染」を読んだ事が、大きな人生の転機となったのです。

●有機農業から自然農業へ

 東京の「大地を守る会」と出会い、日本有機農業研究会など新しい仲間が広がっていきました。私と長年親交のある愛媛有機農産生協の理事長をされていた事もあります。
 そんな折、1991年に島を襲った台風で、島じゅう塩害の大被害を被りました。泉さんのみかんも8割が枯れました。今栽培しているレモンはその被害の後、伊予柑の台木にコツコツとレモンの接ぎ木をしてきたもので、やっと収穫が復活してきたのです。
 無農薬栽培に取り組んでからも、様々な病虫害との格闘がありました。大地を守る会の関係で紹介された韓国の趙漢珪さんが指導する自然農業との出会いは、まさに目からウロコでした。植物の生長点を使った発酵液・天恵緑汁などを活用する自然農業の考え方が素晴らしかったのです。「虫や病気は来るものではない。呼び寄せているのだ。腐るから虫が来る。発酵が解決してくれる」と、酵素を活かした植物も人も病気にならない生き方を学ばれたのでした。泉さんは今年次の人に引き継がれるまで、日本自然農業協会の会長をされていました。
 カタログ2008年10月1週号でご紹介した、自然農業で柑橘類を栽培している長崎大海さんが、オルターからの注文に応じるには量が不足することから、泉さんに応援を求められました。泉さんのレモンはこれまでも愛媛有機農産生協経由でオルターに届いていました。
 泉さんは奥さんの嘉代美さん、姪の土井光恵さん、そして海外農業なども経験してきた優秀な研修生数名とともに無農薬のレモンづくりをしています。また今年はそのレモンを果汁に搾った、無農薬のレモン搾りも製造されています。オルターとして、このレモン果汁の取り組みを契機に、ショウガの島復活の夢なども語り合い、泉さんたちとの提携のパイプを太くしていきたいと考えています。
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

鼻から食べる?

昨夜五木寛之のエッセーを読んでいたら

とてもおかしいお話しが書いてあった。
当たり前のことで、普通と考えていても、そうでない人も大勢いるのだというのが分かった。

その話は、あるきれいな若い女性がなんの理由もなく咳がでて、医者に診せてもなおらない、大事な席にも咳が出て大変困る。縁談がたくさんあるが、見合いの席で「咳」がでたら困るだろうと思い尻込みしてしまう。
医者は、鬱病(ストレス)かアレルギーだろうといって責任回避をするので、鍼灸
ロイヤルゼリー・プロポリス、ヨガ、転地療法まで試してみたが、効果無し。

ある時、五木さんがそのお嬢さんと会ったとき、ふと彼女が口で息をしているのに気が付いたそうです。
五木さんは訊ねる(以下抜粋)
「息を吸うときどこで吸っていますか」
「どこで、、って口で」
「吐くときは」
ちょっと呼吸を試したあと
「やはり口からですね」
と、ちょっと怪訝そうにいった。
「ずっとそうなさってきたのですか?」
「たぶん。普段息をするとき、いちいち意識しないでやってますから」
私は、このときほど驚いたことはなかった
「口は食べるところで、息をするところではありません」
「はあ?」
「鼻が息をするところです、口で息をするのは、鼻から食物を入れるのと同じす。
口を呼吸に使うのをやめなさい。吸うのも吐くのも、鼻だけ使うように」
「えー?」

そのあと、五木さんは彼女に唇を自分でつまみ鼻だけで呼吸をしてもらったら、10分ほどで実に不思議!咳が出なくなったそうです。
本人も狐につままれたようにきょとんとしている
後段略
引用終わり

武道では息をする方法から入ります、そして姿勢、この両輪が形よく正しくそろってこそ、精神の落ち着きも顕れてきます。技術などはその遙か先にあるモノです
わが流儀の奥伝中の最高奥義「口伝」は「礼三息」が身に付いた者だけがうかがい知る事の出来る人間の根幹であります。

ひとは、油断すると、とんだ間違いをしているものですね!
鼻から食べないようにしましょう!

さて、話のついでに、世界の「上医」西原勝成(東大病院と研究所で研究し、免疫病発症の機序を解明し治療法を確立)先生の著書「免疫、命の渦」哲学書房2003初版にも第珪和茖鏡瓩妨呼吸のもたらす弊害についての論説があります。
また、免疫学で有名な安保徹先生も。著書「免疫道場」幻冬舎2006初版の第41講に「手軽な免疫力アップ法。アレルギーを治すには、鼻呼吸をしろ!」と説明されています。

ほかにも冷たいものを飲まない食べないなど、元気でいる方法は実は簡単なことばかり、自然の法則からはずれない限り、動物は元気で生きて元気に死ねます!
余談ですが、西原先生はビールをお燗して飲むそうです。何もそこまでしなくても
お酒にすればいいのにと思うのは私だけでしょうか?
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

顧みて他を言う

興農ファームの放牧




北海道標津にある興農ファーム代表 本田広一さんは若かりし頃、日大全共闘農獣医学部闘争委員長を務めた闘士!

興農ファームでは国内自給の餌にこだわって、化学物質を使用しない「放牧」の豚を飼育していますhttp://www.kohno-farm.jp/



ピンク色した元気な豚が元気に育っています。

私はこのファームから送られてくる豚が本当においしく感じます
いのちは他の命を喰らって次々とつないでゆきます
この現実を見ないふりをしてきれい事を言ってすましている感覚が不思議です


日本人には多い事例ですね

顧みて他を言うとは
シナの春秋戦国時代 孟子という思想家が斉の宣王に王道主義(仁・徳を基本とする政治道)を説いたところ心得の無かった王はその諄々とした説にじぶんのいたならなさを感じ左右を見回して臣下に関係ないことを言い始めたそうです。そのときの様子が「王、左右を顧みて他を言い」と表現された
自分に都合がわるくなったとき話題をすり替えてその場しのぎをすることを言う

日本の政治家に多く見られるのは私の勘違いでしょうか?
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

生き残る智恵

パンデミック交通機関が発達している現代、新型インフルエンザが発生すれば短期間で全世界に拡大し、何万人もが同時多発的に発症する可能性があります。企業の社会的責務は停滞し、社会機能の麻痺につながります。各企業や各個人による、感染防止の体制整備が何よりもまして重要となります。

XXでは、新型インフルエンザ流行時を想定し、感染の危機レベル フェーズ3からフェーズ6に応じて自社でできる備えや対処法を具体的に記載した『新型インフルエンザパンデミック時の社内マニュアル(Survival manual)II 』を作成いたしました。企業としてのリスクマネジメントの1つとして、迫り来る危機に対しての管理体制を調えております。

『新型インフルエンザパンデミック時の社内マニュアル(Survival manual)II 』では、基本対策としての考え“3層防衛”を核に、最新の情報とより詳しい内容を盛り込みリニューアルしています。






玄米で生き延びる智恵

オルター顧問の「山本朝子」先生の投稿から要約致します


☆ 穀物を食べると言うこと

古代から命をつないできた「穀物」について山本先生が語ります


☆ 精白「白米は」間違いではありません
白米はお米のカスと言う人がいますが、たしかに玄米は白米に比べ数段上の栄養を持っていますが
精米は間違いばかりではありません。白米にした方がいい理由がありました、それは消化の良さ、調理のしやすさ、GI値の高さ(ブドウ糖に速効変化します)などです。
しかし、一番重要なのは、玄米が持っている「発芽抑制作用」を消している点です
種実という形でいのちの営みにストップをかけている「未精白の穀物」は栄養分が外に逃げ出さないように内に押さえ込む機能と細胞活動を休止するための「植物ホルモン」を持っています

☆ 穀物も動物も、命を守る方へ進化した
玄米の中でミネラルは「フィチン酸」によりキレートされ、人間には吸収されません、それどころか玄米とともに食べるその他の食物もキレートされます。
また、アブジシン酸という成分により細胞停止モーションがかかります
このように植物は自衛しています

☆玄米・雑穀の健康的食べ方とは
恐ろしく簡単です、12時間以上の浸水をすることで、植物の発芽モードを引き出し、人に取って有利な状況を引き出しますm、まさかそれさえ・・・面倒だとお考えのあなた、パンデミックで死になさい!パンデミック遺る
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

頑固な職人が作る京菓子

オルター指定の原料を使った伝統の京菓子が登場

「たまだけん」 トレーサービリティーのしっかりしたお菓子

原料 無農薬もち米  土橋俊郎さん(秋田県)
   国産本くず   袗久葛本舗・十代目高木久助さんの国産葛
   無農薬小豆   渡辺信一さん (北海道)
   国産小麦粉   吉原製粉の北海道小麦粉
   黒糖      宮古精糖多良間工場
   甘薯分蜜糖   新光精糖(種子島)のSC糖
   細寒天     丸京寒天
   重曹      桜井食品 内モンゴル産天然ソーダ100%
   

どれくらいおいしいか考えて下さい!
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

新型インフルエンザに対策が始まっていますが

「新型インフルエンザH5N1型」大流行時における対策の確立を求める意見書




「新型インフルエンザH5N1型」大流行時における対策の確立を求める意見書



 現在世界の広い地域,特に東南アジアにおいてH5N1型インフルエンザが急速に拡大しており,このウイルスが変化して人間へ容易に感染する新型インフルエンザとして大流行を起こす危険性がある,と国連やWHO研究者たちによって強く叫ばれている。H5N1型インフルエンザウイルスは,今までの弱毒型のインフルエンザとは異なり,病原性が特に高い強毒型のウイルスだと言われている。WHOの集計によれば,H5N1型鳥インフルエンザの感染者の致死率は60%を呈し,小児・若年成人の致死率は70%を超えている。この新型インフルエンザにはほとんどの人間は抗体を持っていないため,発生した場合の罹患率は100%に達し,最近の研究機関の試算では,一たんこの新型インフルエンザが国内に入り込めば,ほんの数日でパンデミック(爆発的大流行状態)が起こるとされている。このためアメリカを初め海外の先進国では国家的危機管理の問題として,国レベルで具体的な対応策が準備されている。

 一方,日本では現在,最も有効な予防手段と考えられるプレパンデミックワクチンの接種は一般国民には今のところ想定されておらず,唯一の対処薬であるタミフルも厚生労働省によればわずか2,800万人分しか備蓄予定はないとのことである。このままの状況でパンデミックが起きた場合,大量の発症者が受け入れられない事態も想定される。さらに日本では,アメリカ・カナダのように短期間で全国民分のワクチンをつくる大量製造技術(細胞培養方式)も確立されていない。

 よって狛江市議会は政府及び国会に対し,「新型インフルエンザ」大流行時において地方自治体,医学界,国民などが連携し,対策への取り組みが図れるよう下記事項の実現を強く求めるものである。







1 希望する国民全員がプレパンデミックワクチンを接種できる体制を整えること。

2 短期間に全国民分のワクチンを製造できるよう,細胞培養法の一日も早い技術確立と実用化を図ること。

3 十分な医薬品,医療資機材を備蓄し,円滑に区市町村に供給できる体制を確立すること。

4 感染者の医療機関への集中による混乱を防ぐため,外来診療,入院医療を確保すること。また,医療機関が診療しやすい環境を整えること。

5 自治体が発熱センター等の診療所を円滑に設置,運営できるよう必要な条件整備を行うこと。

6 自治体の首長の要請に応じて地区医師会等の地元医療関係者が積極的に協力できる体制を法的に整備すること。

7 消防庁による適切な移送体制の確保,災害対策用備蓄物資の活用など,省庁の取り組みを進めるとともに必要な法整備を進めること。

8 新型インフルエンザに対する正確かつ透明な情報を国民に公開し,十分な啓発を行うこと。

 以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。



    平成20年(2008年)9月29日

東京都狛江市議会    

内閣総理大臣
厚生労働大臣 様
衆議院議長
参議院議長




平成20年9月29日原案可決
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

悠々として急げ

悠々として急げ(開高健)

このところ、保守を名乗るネットウヨクにうんざりしている。
いずれ売国奴の自民党の親分に「麻生がんばれ」などととんちんかんなことを平気で言っている
国を売った連中が、いまだに政権を保持していること自体が不愉快だ。
今の祖国の現状を見て、彼らのしてきたことが理解できないのでは「子供」の寄せ集めがこの国の姿なのだろうか?
ひとつ例を挙げればJT 昔の専売公社がシナの毒入り食品を多数品目輸入しているが、この連中は「塩」と「タバコ」を利権によって支配していた。塩は従来の自然製法でなく単なるNaClとして工業的に生産し、相当な病人を作った。 いまだに塩が高血圧の原因のように喧伝される原因である。
ならば、鯨は皆高血圧だろうか?

洵にあほらしい伝説であるが、これこそ売国奴が自分のおかした罪を咎められない逃げ道であり、まやかしの論法であるから、マスコミも追随するしかない。TVに洗脳された一般人はそれを疑うことを思いつかないのが現状である。

テェルノブイリ原発事故以来の放射能を浴びたウクライナの農産物が、何処で消費されたか知れば
寝ぼけた国民も「あっと」言うのであろうかまことに心配である。
さように、人生と(健康)金銭を引き替えにして浅ましく生きるのは私はごめんだから、その事実を公表し続ける。

人類のリーダーとしてアメリカに対抗できるのは我が国だけであるというのに、シナや朝鮮ばかり非難してないで、もっと身近な、祖国に対しての裏切りを認識するべきだろう

祖国危急  悠々として急げ!
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark

アフラトキシン

農水省がひた隠す「事故米」の真実

発ガンカビ毒「アフラトキシンは」毒素兵器として認定されるシロモノ!

居直る悪徳業者 うろたえる政府

紙の爆弾11月号が届きました スクープとはこれです!

我々にタブーはないという鹿砦社をよろしきお願い致します

紙の爆弾デジタル版もよろしく

あっと驚く 世の中の仕組みのぞいて下さい!

http://kamibaku.com/modules/weblog/
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

本当に健康被害はないのか?

兼松が輸入のタルトにメラミン
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=624300&media_id=2

元もと、マスコミは政府や各省と持ちつ持たれつの関係
今度、汚染米(事故米などとあやふやにするな!・危険な農薬汚染米です)の管理体制がじつにいい加減であり、監督省庁の担当が危機感を持っていなかったことも判明した。また告発がありながら見逃していたというお粗末も露見した。これが農水省の我が国の食料の安全を守るべき姿であれば、直接でないその他の省庁の無知無関心はいかばかりであろうか。
健康には被害がないといういいたてが詭弁である。なぜならばこのような危険な食品が次々と白日の元に晒されているのであれば、過去にすでに闇の中に葬られた有害食品はどれほどであろうか、またこれからもそのたぐいの「事件」は報道されるであろうが、さて、その重複合汚染の実態はもみ消される運命である。毒物単体で人体に影響はないなどとすました顔で言い立てる売国奴はだれだ!すでに農薬の安全基準が驚くほど低下させられて40年になろうとしている、この事態を改善無くして、今後の安全な食品の供給は望めない。
緊急かつ重要な政治課題であるにもかかわらず、やれ人権擁護法だのなんだのと、国民の健康を経済と引き替えにして、放擲している与野党の政治家は無知か?確信犯か?

1980年代のテェルノブイリ原発事故から以降何が祖国に降り注いだのか、政府は今こそ検証し実態を国民に知らせるべきであろう。
巷には、にやにやしながら独り言を言う、明らかに障害を持った若者が30才になろうとしている、なぜ彼らが一時に出現したのか、たまたま偶然なのか
あるいは、若年層の乳癌が5倍に増えているのだが彼らの共通した年齢が示す
年代別グラフを見たとき、何を読み取りことが出来るのか、それを知っていながら、まだ、メラニンはごく微量で人体に影響はないなどと詭弁を使う輩に猛然とした怒りを感じる。

新風結党前の準備中、京都に通う電車で読んだ本に(名前は忘れました)毎年3トンのマスタードガス(催涙ガスの原料)が輸入されている、それは食用のチューブ入り「からし」に混入され辛みとして食べられる。もちろん法律の許容範囲である。ということを読んだことがある。
このような問題に党を上げ取り組んできたのは新風だけです。少なくとも私は、政権放送でSB食品などの会社が瓶いり「ごま」に放射線をかけることを発言し、警鐘を鳴らしています。

どうぞ、目の前にある恐ろしい現実に目を覚まして、日本国民が根絶やしになる前に、自己救済を始めましょう。
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark