いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark

だっだだだだだだだだだだ

今日の読売新聞朝刊で奈良産業大学の硬式野球部の
総監督が経営している、整骨院で架空の診療報酬を
請求していたと報じている。
問題の総監督は、元阪神タイガースのスカウトでも
あったという

新田泰士氏だ。
新田氏は奈良の名門、天理高校で甲子園に4度出場。
3年生の時はキャプテンだった。その後、
早稲田大学入学。その時の1年先輩が阪神・岡田前監督。
その後、大阪の泉州高校で監督をつとめ、
甲子園出場に導いたこともある。
1984年、奈良産業大学の監督に就任。
阪神の湯舟敏郎や中日の山井大介ら育て、
関西では強豪の野球部に育てた。
また、昨年のドラフトでは、阪神が1位で
奈良産大の蕭一傑を指名した。
「新興の大学で野球で売り出そうと新田氏が
監督として腕を振るった。
よくも悪くも新田氏で強くなり、目立つように
なった。そのうち、助教授として、教壇に立って
学生らにスポーツ科学を教えていた」
と奈良産業大学の野球部OB。
2004年に奈良産業大学を辞めて、奈良県三郷町で
みむろ整骨院の経営をはじめた。

だが、経営が芳しくないのか、2005年には、
阪神タイガースのスカウトになった。
「その後は、阪神・岡田前監督のマネージャーを
名乗っていましたね。岡田前監督の周辺を
動き回り、早稲田大学の後輩と組んで、
岡田前監督モデルの焼酎を発売していました。
あまり儲かってはいなかったみたいです。
そして、いつしか大学の総監督に復帰していました」
(前出・野球部OB)
読売新聞の報道によれば
<読売新聞の取材に対し、総監督は「経営が思わしくない
ため療養費で穴埋めしようと考えた。部員に申し訳ない」
と話している。>
<整骨院は月に1度、「療養費支給申請書」を白紙のまま部に
持ち込み、現監督(43)やコーチが毎回、30〜40人の部員に
署名させていた。整骨院側が、架空の施術記録を書き込んだうえで
市町村や健保組合などに提出し、療養費を受給していたという。>
というから総監督という立場を利用した組織的な
犯罪といえよう。
「元々、金使いが荒くて、とても整骨院だけでは
やっていけるような人ではない。部員たちは
変なことに使われていると思っていたが、監督からして、
新田氏がいたから、奈良産業大学の監督になれたんです。
今での新田氏は自分が監督、すべてを仕切っている
とおもっているんじゃないでしょうかね。
誰も逆らうことができない、暴君。やりたい放題です。
噂ですが、プロ野球や少年野球チームとの不透明な
金のやり取りなど、ず〜っと昔からささやかれて
います」
(前出・野球部OB)
みむろ整骨院のホームページでは、写真のように
岡田前監督、鳥谷選手らとのツーショット写真も
掲載されている。
「これを機会に、すべての面において、カネ儲けのネタに
される野球部から解放されるように祈りたい」
(前出・野球部OB)
アプレゲールアバンギャルド | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

永遠の未読

その本を買ったのは2月11日 そして、2月21日未明に最後のページに
たどり着いている



保根治(ほねおさむ)・男・三十六歳・高校教師。
突然、かれのもとへかかってきた電話の主は、いる
はずのない`弟`だった。
空を飛び、スプーン曲げを職業とする、自称 `弟`
いったい、その目的は・・・・・・

帯の裏側のコピーより


突然の中断、その世界は若い頃から愛した異空
今日、中山うりの2006 DOREMIFAが届いた
オンリーワン URIのCDは 楽しく、懐かしい歌声だ
最後の曲は「走る女」

「飛ぶ男を」連想したのです
死後 愛用のワープロのフロッピーデスクから
発見された長編

永遠の未読作品です

こんな本もあってもいいかと思えるようになりました



1994・1・22初版
安部公房 「飛ぶ男」


人生はこんなモンかも知れませんね!
アプレゲールアバンギャルド | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

箱男

箱男  安部公房

1973年3月30日初版

都市の匿名性と 人間の存在証明を鋭利に切り取った傑作

段ボールを被って誰でもないものになる、

「都市には異端の匂いが立ちこめている。人は自由な参加の機会を求め、永遠の不在証明を夢見るのだ。そこで、段ボールの箱にもぐり込んだりする者が現れたりする。かぶったとたんに、誰でもない存在になってしまえるのだ。だが、誰でもないということは、同時に誰でもあり得ることだろう。不在証明は手に入れても、代わりに存在証明を手放してしまったことになるわけだ。匿名の夢である。そんな夢に、はたして人はどこまで耐えうるだろうか。」  安部公房


遙か昔 安部公房はこのような形で 個人の匿名性について書いた。

今、ネットにおいてこの命題が灼熱している。

登録されていない者が居住権を持ち、登録されたというだけで裁かれる異形の街「ネット」

「走り続けたが追いつけなかった人々の贋のゴール」に

果敢に挑め 若者よ  未来は まるで期待薄だ

そういう ネガティブロジカルこそが あるい             (意味不明の中断)
アプレゲールアバンギャルド | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

シュンポシオン

シュンポシオン

倉橋由美子1985年11月15日初版

夢の浮橋(1971)から 變らぬ、美しひ日本語で書かれた小説

古典的なたたずまひの言語空間に、あやしひ破滅の種子が植込まれてゐる・・・


既にこの小説には

「ゲリラ テロ 誘拐 いぢめ といった情けないスタイルの暴力しか無くなるだらう」

「部族社會の襲撃型の戰爭にまで後退したと言ふべきか」

といふ科白がある

核戰爭前夜を想定した アプレゲール アバンギャルドを代表する名手の記念碑

現在讀み返すと あまりの天稟を知らされる、

娑婆塞げの讀み物が世間さまに横溢して穢らはしい思ひの方も多いことでせう

すっきり 男女の情などが書かれてゐます



アプレゲールアバンギャルド | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark