いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 頑固な職人が作る京菓子 | main | 生き残る智恵 >>

ワールド・オブ・ライズ

ご無沙汰しました。
最近はあまり公表できないような工作に親しむ事が多くて・・・

今日は泉州のとある駅前で民主党前衆議院議員「中川おさむ」先生57才の演説に出会いましたので
しばらく拝聴していました。
先生のビラも戴きました

スーパー民主のお買い得情報というビラです
泉州再生の為の「泉州八策」だそうですが・・・龍馬の船中八策のつもりらしい

それにしても安かろう悪かろうのスーパーとは民主のお里が知れますね
パートの待遇をUPすると書いていますが、それは現実的にはどういう事なのか、パート従業員を多く抱えている私には理解できない事なのですが・・・能力のある人ならば当然待遇がUPします、が賃金に見合う仕事をしてもらえなければ、待遇UPできません。当たり前でしょう!このあたり、昨年、京都で参議院選で同席した共産党成宮氏のだれでも時給1000円攻撃と同工異曲。ありもしないことを平気で言い立てるのですかね?

政権を変えれば暮らしは変わるそうです、来年からアメリカ大統領が変わった為で世界が変わるそうです。マネーゲームと競争第一主義の社会は変わり始めるそうです

それは結構ですね・・・・

さて、演説が終わり見ていた私の所に先生が握手に来ました、私は新風の大城戸ですと名乗りましたが、如何せん知名度が・・・・(極端に低いと言うか無いに等しい)先生?????といった感じでした、
大城戸 「先生パンデミックについて民主の対応を聞かせて下さい」
中川   「・・・・・・・・・・・・」
大城戸「泉大津市議会でパンデミック担当市議(委員)は無策であることを表明していますよ
中川 「・・・・・・・・・・・」
大城戸「有能なリーダーが危機管理をするべきですパンデミックは、関空がある泉州から始まる可能性が大きい、その際、有効な対策を講じておくべきではないでしょうか、民主のこのあたりの代表である先生はどうお考えでしょうか?」
中川「・・・・・・・・・・・・・」

大城戸「パンデミックが発生すれば死者は無作為では多数に及びます、火葬や安置消毒などのシュミレーションはどうお考えですか?」
中川「・・・・・・・・・・・・・」

そこで私はあきれました、国民の生活が大事だというわりには、目前の重大な危機について、今年の活動は今日で終わり、来年から「選挙」のための活動をするらしいのです。

というより中川先生は、自分の意見としてこと泉州でいかなる手だてをして、パンデミックに備えるか考えてもいない!

あほらしい・・・・・


以下大城戸独白
戦後保身のために国策を誤った政治家は数多い、さらに言えば立候補して政治家になったにもかかわらず自己の責任を「完遂」せず責任を取るといい「離脱」して「逃亡」するものが多い
まことに情けない姿である、責任は取って辞任するものでなく「完遂」するものである
能力無きものが立候補し、ろくな仕事も出来ず、血税である議員の年俸を受け取り祖国の行く末に多少なりとも関係することが、資本主義が音を立てて崩壊し、米国帝国が沈没する姿を見ている今、大東亜戦以降の良識ある日本人が苦々しく感じ、悲憤慷慨して世を去るにしかなかった無念を想う。
今日偶然出会った民主党中川おさむ氏にはなんの私憤もありませんが、この程度の方が、国政に参加するならば、祖国はどこへ・・・私としては民主シンクタンク京都選挙区松井氏(東大〜スタンフォード大)であっても信念において「不足」です

さて、今夜はダーリンとレイトショーに行きました
日本食で有名なお店で「スッポン」を食べ その後 デカプリオ とラッセル・クローの「ワールド・オブ・ライズ」を見ましたとても面白かったです。

だれも信じないでしょうが、JCIAはXXXXXXXXXXXXXXXXX
です
武術からみた人間 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inotinokoe.jugem.jp/trackback/133
この記事に対するトラックバック