いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< ワールド・オブ・ライズ | main | アメリカ資本主義の崩落 >>

生き残る智恵

パンデミック交通機関が発達している現代、新型インフルエンザが発生すれば短期間で全世界に拡大し、何万人もが同時多発的に発症する可能性があります。企業の社会的責務は停滞し、社会機能の麻痺につながります。各企業や各個人による、感染防止の体制整備が何よりもまして重要となります。

XXでは、新型インフルエンザ流行時を想定し、感染の危機レベル フェーズ3からフェーズ6に応じて自社でできる備えや対処法を具体的に記載した『新型インフルエンザパンデミック時の社内マニュアル(Survival manual)II 』を作成いたしました。企業としてのリスクマネジメントの1つとして、迫り来る危機に対しての管理体制を調えております。

『新型インフルエンザパンデミック時の社内マニュアル(Survival manual)II 』では、基本対策としての考え“3層防衛”を核に、最新の情報とより詳しい内容を盛り込みリニューアルしています。






玄米で生き延びる智恵

オルター顧問の「山本朝子」先生の投稿から要約致します


☆ 穀物を食べると言うこと

古代から命をつないできた「穀物」について山本先生が語ります


☆ 精白「白米は」間違いではありません
白米はお米のカスと言う人がいますが、たしかに玄米は白米に比べ数段上の栄養を持っていますが
精米は間違いばかりではありません。白米にした方がいい理由がありました、それは消化の良さ、調理のしやすさ、GI値の高さ(ブドウ糖に速効変化します)などです。
しかし、一番重要なのは、玄米が持っている「発芽抑制作用」を消している点です
種実という形でいのちの営みにストップをかけている「未精白の穀物」は栄養分が外に逃げ出さないように内に押さえ込む機能と細胞活動を休止するための「植物ホルモン」を持っています

☆ 穀物も動物も、命を守る方へ進化した
玄米の中でミネラルは「フィチン酸」によりキレートされ、人間には吸収されません、それどころか玄米とともに食べるその他の食物もキレートされます。
また、アブジシン酸という成分により細胞停止モーションがかかります
このように植物は自衛しています

☆玄米・雑穀の健康的食べ方とは
恐ろしく簡単です、12時間以上の浸水をすることで、植物の発芽モードを引き出し、人に取って有利な状況を引き出しますm、まさかそれさえ・・・面倒だとお考えのあなた、パンデミックで死になさい!パンデミック遺る
食の安全 ポストハーベスト糾弾 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inotinokoe.jugem.jp/trackback/134
この記事に対するトラックバック