いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 居合道 秘伝拾遺 英信流颪 | main | 顧みて他を言う >>

だっだだだだだだだだだだ

今日の読売新聞朝刊で奈良産業大学の硬式野球部の
総監督が経営している、整骨院で架空の診療報酬を
請求していたと報じている。
問題の総監督は、元阪神タイガースのスカウトでも
あったという

新田泰士氏だ。
新田氏は奈良の名門、天理高校で甲子園に4度出場。
3年生の時はキャプテンだった。その後、
早稲田大学入学。その時の1年先輩が阪神・岡田前監督。
その後、大阪の泉州高校で監督をつとめ、
甲子園出場に導いたこともある。
1984年、奈良産業大学の監督に就任。
阪神の湯舟敏郎や中日の山井大介ら育て、
関西では強豪の野球部に育てた。
また、昨年のドラフトでは、阪神が1位で
奈良産大の蕭一傑を指名した。
「新興の大学で野球で売り出そうと新田氏が
監督として腕を振るった。
よくも悪くも新田氏で強くなり、目立つように
なった。そのうち、助教授として、教壇に立って
学生らにスポーツ科学を教えていた」
と奈良産業大学の野球部OB。
2004年に奈良産業大学を辞めて、奈良県三郷町で
みむろ整骨院の経営をはじめた。

だが、経営が芳しくないのか、2005年には、
阪神タイガースのスカウトになった。
「その後は、阪神・岡田前監督のマネージャーを
名乗っていましたね。岡田前監督の周辺を
動き回り、早稲田大学の後輩と組んで、
岡田前監督モデルの焼酎を発売していました。
あまり儲かってはいなかったみたいです。
そして、いつしか大学の総監督に復帰していました」
(前出・野球部OB)
読売新聞の報道によれば
<読売新聞の取材に対し、総監督は「経営が思わしくない
ため療養費で穴埋めしようと考えた。部員に申し訳ない」
と話している。>
<整骨院は月に1度、「療養費支給申請書」を白紙のまま部に
持ち込み、現監督(43)やコーチが毎回、30〜40人の部員に
署名させていた。整骨院側が、架空の施術記録を書き込んだうえで
市町村や健保組合などに提出し、療養費を受給していたという。>
というから総監督という立場を利用した組織的な
犯罪といえよう。
「元々、金使いが荒くて、とても整骨院だけでは
やっていけるような人ではない。部員たちは
変なことに使われていると思っていたが、監督からして、
新田氏がいたから、奈良産業大学の監督になれたんです。
今での新田氏は自分が監督、すべてを仕切っている
とおもっているんじゃないでしょうかね。
誰も逆らうことができない、暴君。やりたい放題です。
噂ですが、プロ野球や少年野球チームとの不透明な
金のやり取りなど、ず〜っと昔からささやかれて
います」
(前出・野球部OB)
みむろ整骨院のホームページでは、写真のように
岡田前監督、鳥谷選手らとのツーショット写真も
掲載されている。
「これを機会に、すべての面において、カネ儲けのネタに
される野球部から解放されるように祈りたい」
(前出・野球部OB)
アプレゲールアバンギャルド | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

大阪府報道発表資料http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/18463.html
平成20年3月26日(水曜日)



柔道整復施術療養費の受領委任の取り扱いの中止について

柔道整復師の施術に係る療養費について、監査を実施した結果、不正な請求を行っていた
2名の柔道整復師に対し、下記1,2のとおり柔道整復施術療養費の受領委任の取り扱いを
中止しましたのでお知らせいたします。

                    記1

 1 受領委任の取り扱いの中止となる柔道整復師
    氏    名    渥美 竜浩(アツミ タツヒロ)
    施 術 所 名    渥美接骨院 http://www.atsumi-sekkotsuin.jp/

    施術所所在地    豊中市庄内西町1−1−3

 2 受領委任取り扱い中止年月日
    平成20年3月26日(当該柔道整復師は以後5年間は保険施術にかかる受領委任
                の取り扱いは出来ない。)

 3 根拠通知
    柔道整復師の施術に係る療養費について
    (平成11年10月20日老発第682号・保発第144号通知別添3の12)

 4 監査を行うに至った経緯
    政府管掌保険、国民健康保険の保険者から、被保険者に医療費通知を送付したとこ
   ろ通知内容と実際の施術とが相違している旨の照会が多数、大阪社会保険事務局と大
   阪府国民健康保険課に寄せられたため、大阪社会保険事務局と大阪府国民健康保険課
   が共同で調査を実施した。その結果、請求上の疑義が生じたため、平成20年3月3
   日に当該柔道整復師に対する監査を実施した。

 5 取り扱い中止に至った主な事由
   (1)不正請求内容
      施術を行っていない者について、施術したとして施術録に記載し療養費を架空
     請求していた。
      例1:過去に患者であった者に対し施術したとして不正に請求していた。
      例2:他の施術所で施術を受けている者に対し施術したとして不正に請求して
         いた。
      例3:遠方勤務になり施術が受けられない状況の者に対し施術したとして不正
         に請求していた。
      
   (2)監査時に判明した不正請求額
     平成18年3月から平成19年12月施術分
     ・42名分 金額2,527,811円。 

                    記2

 1 受領委任の取り扱いの中止となる柔道整復師
    氏    名    植木  誠(ウエキ マコト)
    施 術 所 名    ウエキ針灸整骨院
    施術所所在地    池田市石橋1−9−6

 2 受領委任取り扱い中止年月日
    平成20年3月26日(当該柔道整復師は以後5年間は保険施術にかかる受領委任
                の取り扱いは出来ない。)

 3 根拠通知
    柔道整復師の施術に係る療養費について
    (平成11年10月20日老発第682号・保発第144号通知別添3の12)

 4 監査を行うに至った経緯
    国民健康保険の保険者から、被保険者に医療費通知を送付したところ通知内容と実
   際の施術とが相違している旨の照会が多数、大阪府国民健康保険課に寄せられたため、
   大阪社会保険事務局と大阪府国民健康保険課が共同で調査を実施した。その結果、請
   求上の疑義が生じたため、平成20年3月7日に当該柔道整復師に対する監査を実施
   した。

 5 取り扱い中止に至った主な事由
   (1)不正請求内容
      施術を行っていない者について、施術したとして施術録に記載し療養費を架空
     請求していた。
      例1:医療機関に入院中で施術できない状況の者に対し施術したとして不正に
         請求していた。
      例2:他の施術所で施術を受けている者に対し施術したとして不正に請求して
         いた。
      
   (2)監査時に判明した不正請求額
     平成17年11月から平成19年12月施術分
     ・23名分 金額4,139,022円。
 

   (参考)「柔道整復施術療養費の受領委任の取り扱い」とは、
    ・施術を受けた患者は施術に要した費用のうち一部負担金のみを柔道整復師に支払 
     い、残りの費用は患者
渥美 | 2009/01/22 12:37 PM
渥美様

いい情報でした1
大城戸@引退した旧新右翼???? | 2009/01/23 12:30 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inotinokoe.jugem.jp/trackback/141
この記事に対するトラックバック