いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< お調子ものが「斯くいふやう」 | main | エーッ!それってフツーじゃないですか? >>

国家的大好機到来

どうやら、世界金融の最終局面が来たようですね。
日本も株価が最低になった気がします。
昔、私の先生(商売の師)が、日本の株価は17000円で正常と教えてくれました。
そのものさしでは、この事態は異常も異常です。

私は、株はやりませんから存外冷静に「株価」だけなら見ていられるのですが、経済の立て直しについては、ここが、大チャンスだと考えます。もうあとがないなら思い切った手を打つしかないのですから・・・・

昔、ドイツでは経済の立て直しと中小の商売をまもるため大企業のデパートなどの営業を規制する法律がありました。なんという法律だったか失念しましたが。効果があったそうです。これに習って
我が国も無駄に営業している全国のショッピングセンターの営業時間を1時間短縮すれば、相当なエコになると考えます。だいたい、基本が8時閉店という根拠はどこからでたのか。こんな不況になって、どこのSCでも20時頃にはお客はまばら、店員の数の方が多いのです。この、経済が上向きの頃の仕組みを現在維持する理由もない。節約した、エネルギーを国家の余剰エネルギーに蓄えるべきです。CO2削減もこれで一石二鳥ではないでしょうか。

また、消費税を3%にまで戻して消費動向を賦活する、あるいは0にする。
財源として重要だというのなら、戦争に負けたときそんな税法があったか思いだしてみるのもよい。
焼け野原からわずか20年もしないうちに新幹線を開通し東京五輪を開催した亜細亜の国はどこだったか。日本は捨てたモンではないのです。

ガソリンが急騰してまた下落して多くのGSは振り回されあえいでいる、また閉店も目立ちます。
ここはガソリンを統制価格にする、自由競争などといっているから、中小の額に汗して働いていたGSがつぶれるのです。どうせ180円/L以上に上がった価格なら固定してしまい差額は税収とすればいいのです。意味もなく走ることは難しくなるでしょうが、今後原油の動向が世界の命運を握ることは確実だから、先手を打って『緊急非難」しておくべきです

アメリカ国債を拒否したシナはお利口ですね、端的に言えばつぶれた会社の株を買わされるのと同じ事ですお人好しの日本国民でもこれには、NO!といっておくべきです。

政治は自民が民主に圧力をかけているようですが、理念ではなく小沢さんの『金」問題ではいずれにしても底が浅い。連中は当選することばかり考えて、『国家」の行く末についてどう考えているのか伝わってこない、国際政治の舞台では火花が散る国家のサバイバル戦が始まっているというのに、
ある、泉州の議員候補の宣伝カーが名前を連呼しながら(厳密に言えば事前活動・順法精神は無い)
お年寄りに優しい国を作るなどといいまわっていて心底あきれた。

何度も言うがここは『戦後体制」を切り捨てる大チャンスです。
大きな観点から次世代を見据えた国家の有り様をつかみ取ることが出来るかどうかの転換点。

ぜひ、人智を集めて拝金主義から遠くに隔たり理念高い国へ変貌したいと1国民として念願します
新右翼〜民族派〜その先? | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inotinokoe.jugem.jp/trackback/163
この記事に対するトラックバック