いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< われらがわれらであるために | main | 陥穽 >>

ういんど(戸塚ヨットスクールを支援する会・会報)

「ういんど」25号が届いた 昨年10月に入寮間もない18歳の女性が寮3Fから飛び降りて死亡した出来事が記載されていた。 この女性はいじめから不登校になり『向精神薬』という毒を中学生から飲み続けてきて、学校にあっては飛び降り自殺の騒ぎを起こし、ご両親とも精神的にもお疲れになり最後の駆け込み寺に戸塚スクールに頼ってきたそうである。しかし、入寮3日ほどで死んでしまった。 戸塚先生はさぞ無念だったろう、葬儀後彼女のご両親は「無理を言って入れてもらったスクールに感謝しています」「とても温かいお葬式でした、本当にありがとう、そして皆さんは強く生きてください」と語った 戸塚先生が一番危惧している突発事案は『異常行動』です、薬の影響で人が本来持っている理性の制御がうまく機能しない。年間3万人を超える自殺者の50%は向精神薬による異常行動だろうと論破されています。 私も、薬害の膨大な被害を毎日目の前で見ています。接客が基本の仕事ですから100人くらいの人と毎日話します。オヤおかしいな!と気づきそれとなく話を向けると、やはり薬を飲んでいます。 薬で病気が治るなら、これほどのGDPを誇る医療大国日本に病人などいないはず! なんで半病人ばかりなのか、新型インフルの危険をあおりタミフルを飲ませようといった策動があった。 それについて、こんな状況証拠があることを日本国民は知っているだろうか? 池田整治著「マインドコントロール」から引用 新型インフルはブタ・鳥を介して変容するといわれているが、その由来が不明瞭なウイルスの不可解な発症により,米国元国防長官ラムズフェルド氏がその就任まで会長であり、いまも大口の株式保有者である、タミフル製造業「ギリアド・サイエンシズ社」に膨大な金が日本から流れ込んでいる。 日本から、第3国へのタミフル購入の援助金や,地方自治体の備蓄は他の先進諸国ではありえない規模であり、当然そこには貴重な税金が使われる。 <引用終わり> 今日もインフルワクチンが大量に余ったという新聞報道を読んだ、そこに何か感じませんか? 戸塚先生は、薬物の危険性をマスコミは握りつぶしてしまうと指摘する マスコミにとって、大事なスポンサーを怒らせず、強いものには媚を売り、マイノリティーである 『反撃できない・できてもごく微弱』の戸塚スクールに責任を押し付けようとする。 万一スクールが正しいことが証明されたらマスコミの名誉は失われる、だからスクールは早くつぶれてもらわないとマスコミは困るだろう、成果を上げるなんてとんでもないことだとマスコミは考えている (要約) 大阪には『食』という切り口でおよそ考えられうる限り最高の生活を提案し続けてきたオルターが、現代医学の不可能領域まで「健康」を追求している。情報と共に配達される日本一の食材・現代医療では考えられない ホメオパシーのすばらしい効果まで紹介してくれている。 錯乱した「祖国」はどこまで行くのだろうか・・ しかし、私たちには世界が瞠目した日本文化(衣食住)がかろうじて残っている この最後の灯台を死守して後世に残すことは気づいた人々の責務であると信じる
新型インフルエンザ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inotinokoe.jugem.jp/trackback/200
この記事に対するトラックバック