いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 陥穽 | main | 救急車がくる前に >>

要。不要の法則 (民主党不要!)

わが敬愛するべき?日本国首相鳩山クンが世界で、もっとも優れた指導者ガンジー師の言葉を引用している。 ガンジー師の『7つの社会的大罪』には 理念なき政治 労働なき富 人格なき教育など  人類の禁忌に触れる警鐘が刻まれている それを鳩山クンあんたが持ち出すでない!  これは何かのブラックユーモアなのか?それとも諧謔? おりしも、鳩山クンの親分 小沢一(ショタクイー)が17年に沖縄・辺野古近くに5200平方mの原野を何の使用目的も持たず購入したとの報道・・・・・ これは、その後の政治的な推移を見込んで「投機」目的で個人財産を投入したといわれても仕方あるまい とすれば、民主党の沖縄基地問題の根本は『個人』の投機に対する利益誘導であったか? 鳩山クンは「命を守る政治」を就任後初めての施政方針演説で行ったらしい。 私は自分の命は要らないから 祖国を守る政治をして欲しい! 民主党の掲げる「外国人参政権」の理論的支柱 長尾一紘教授(憲法学・中央大学)は外国人参政権は明らかにマチガイであり、自分の論説を取り下げ、反省しお詫びすると言明した。 さらに、鳩山首相の提唱する「東アジア共同体」と「外国人参政権」は地域主権とパックの国家解体に向かう危険な法案だと、産経新聞1.29夕刊において発表した。 教授の非を認め謝罪するまじめな態度に共感するがそれでもなお、マチガイであることが明白な「外国人参政権」を推進するなら、きっとはっきりすることがある。 そうならば、鳩山クンは、日本を食い物にしようとする連中(シオンの丘)の手先である。 この連中(アメリカ陰の政府・シャドーガバメント)は南北戦争からこっち、どちらが勝っても利益がある仕組みを構築して、世界の富を独占し、第3世界を収奪し、アングロサクソンと黒人、黄色人種を争わせ、どの戦争でも、どちらが勝っても連中に利益があるように動いてきました。パラダイム転換のこのとき、シオンの丘の影響からのがれ、自分だけの利益を求めた小沢一が追い込まれるのは当然です。 ねずみ講は理論的には人を納得させうるかもしれない、しかし、労働なき富がNOと考えるまともな人なら そんなものには引っかからないでしょう。ショウタクイーは「労働なき富」が大好きらしく、あちこちで 不動産投機を行い、しまいには、検察を相手に泥仕合しても恥じるところがない。 正しい機能は増強され、マチガイは消去されるのがこの世の定め、宇宙の法則です 要・不要はたちどころに明白です 抜きつけ抜きつけ
日本人消滅の危機 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

こんにちは。笑顔。全く同感にて候。
シオンの丘とは小説帝都物語にあるユダヤ系不逞財閥結社。日本人になりすました、在日外国人ピースボートだかブースボートだか知りませんが副大臣とは悪夢。最低最悪。苦笑。
拙者の文学の師にして、最大の理解者、生き方の手本、限りなく見事なもののふ、憂国の壮士、に「君はこの国の為に死ねるか。」問われ「はい。この美しいふるさとを護るためならば喜んで死ねると思います。」「それでこそ立派な右翼だ。」そうおっしゃられて、困惑したのですが。苦笑。当時は自分は素朴な日本人だと思っていましたが、最近自分の中身は純粋右翼かなと。その御方も誠の純粋右翼でした。美しいふるさとを愛した憂国の壮士。
私の心の中に生きている。
腐れ毛頭ごときにこの美しいふるさとを汚されてはたまりませんよね。金の亡者同好会。
金や物って支配するものであって、支配されるものではありませんよね。
士ハ己ヲ知ル者ノ為二死ス。

稲妻 花押
inazuma | 2010/02/21 12:11 AM
inazuma 様

誠にその通りと存じます
祖国を護ることは喫緊の課題最大の目的にして

わがいのちをもってしてもと思念をいたします
無端庵 | 2010/02/21 3:57 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inotinokoe.jugem.jp/trackback/202
この記事に対するトラックバック