いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 闇の中の闇 | main |

夥しき秋

夥しき秋 風がまとわりつくやうな こゑが共鳴するやうな 激情と含羞とのしなやかな異説 その一季は 幼児の歓声を遠くで聞く思ひ出となり 思想から最も遠い寧日をもたらす ひとときを百日紅のいろに傾け 携ふかなしみを磨き上げる 杜の奥処にうまれた風が さかしらな空の配置をしらぬげに 頑なに身をよじる私に吹く 文字ごとに 痛苦を運ぶかのやうな 卑小な沈黙のやうな あやふげにまたしたたかな反論 その瞬間をだう名づけるのか ひとふりの白刃を飲みこんだ日に 金色の幸福を手に入れる夢をみる 深い真昼にまぎれてかそかなる安寧すら 使命のやうに悲しみと持ちかへる 昼ふかく けふのかなしみ かたはらに そこはかとなく 翳りちかづく
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inotinokoe.jugem.jp/trackback/207
この記事に対するトラックバック