いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< シナの | main | をんな >>

質量不変

何が変わって行くのか

天地開闢以来この天体上の質量は不変である

わかりやすく言えば地球上のすべてのものは

増えも減りもしていない

ただその形を変えているだけである

宇宙から飛来する隕石や 人類が宇宙に送るロケットなどは

億兆分のごくわずかの例外であって、取るに足らない事象である

生命が存在するのも、この特殊な例外に違いなく思える

さて、無から生じた我々のいのち また他の命が ここにある

その限られた命の姿は人類で言えば約50年の寿命

今ここに祖国は自由主義国家に名を連ね、経済の発展とともに80年の

平均寿命を手にしているが、はたして、国民は幸福感を得ているだろうか

私には、とても幸福感を得ているとは思えない

なぜならば年間3万人の国民が自殺する、これを10年間で見ると30万人だ

四国の県庁所在都市民が全員自殺した光景を考えてみて欲しい

これは、緊急の改善を要する国家的な異常事態であると言えるだろう


100年に1度価値観の見直しが必要なのが近代文明であろうが

文明の衝突であった大東亜戦から既に60年が過ぎ、我が国の価値観も変わった

先に述べたが、ほとんどの人の人生は80年ほどであり、人が生まれ、また死んで行く

その間に経過する国家としての価値観が、その国民の幸福感と同調するのは当然だ


ペルシャ帝国 〜大英帝国まで滅びなかった強権はないのであって、いま覇権を握る

汎米国主義もやがて終焉を迎えるであろうことは想像に難くない

中凶などは何のポリシーもなくパクスアメリカーナの物まねをしているのみだ

大東亜戦を起点に世界文明の衰勢を見るとき100年の時間猶予はないであろう

なぜなら世界に巡らされたネットワークが瞬時に情報を伝達でき、輸送の質的向上は

広島から東京へ輸送するより、ブラジルから東京へ輸送する方が安い状況を生んでいる

さらに、国家間格差は、より安価の労働力を開発途上国から上位国へ提供する

石油利権や 核利権 さらには人命の利権までもがやりとりされている、この世界は

異常だと気づかなければ、ドッグスピード(3倍速)のかかった文明は

あと20年もは維持できないであろう


日本という特異な文化をもった国が転換点を打ち出す時期が来ていると思う

価値観が変わるのであって 事態は同じことなのだが 結果が大きく違うだろう

生命の目的はリモデリングこの1点であることを思えば

国家の目的や 文化の目的は・・・・存続・再生・再々生の循環の中にあって

正統な思考を継承し 伝達出来れば その意味を充足できるだろう


中凶が他国を侵略し 文化を蹂躙していることがいま、世界から非難されている

やっていること自体が100年前の帝国主義で誠に残虐この上ない、非道である

このような人間性の欠落した国家が行う五輪大会が、意味あるとしたら

先の大戦は何の教訓になったのであろうか。

経済効果や 競技者の名誉欲(金銭も)のために行われるのであれば「はしたない」

サハラ以南の最貧人民が聞けば 驚くような贅沢な選手団を送り込み中凶の水さえ飲まない

その食生活管理をしなければならないようなら、中凶シナにも失礼な行いであろう

何せシナの物は口にしないのだから・・・それがおかしいと言いたい!

その尻馬に乗り、聖火リレーを厳重に警備して挙行した我が国の出来た成りの人たちが

後年ほぞをかんで後悔する姿が想像できる また聖火ランナーたちも後悔するだろう

人殺しの共産党中央の協力者となったことを恥じるに違いない(心があればだが)



コングロマリットに煽られて、いいように報道させている政府の腰抜けどもや

強圧を跳ね返せない情けない日本のメディア アホ番組を見なければならないかのように

仕組まれても気が付かない国民 世に言う反日朝日も親日産経も同じ穴の狢であり

金銭に操られない可能性があるのはネットだけになった現実が突きつけられている


今回の中凶シナ叩きも 汎米国主義の牽制と考えれば 妙に納得がいく話であり

シナの暴虐を放置してはならないが、それを非難するだけではことが済まないことを

忘れてはならない

新しい価値の時代がそこまで来ている それは物の量ではない、心の質だ

日本という国は持たない文化を誇った 簡素で素朴な暮らしぶり 志の高い人を尊んだ

それを取り戻したい  それこそがDNAに仕組まれた喜びあふれる命の姿のはずだ

つまらない人たちが織りなす悪行に耳目を奪われず 真に命が求めるもの

それは、何か?  真剣に考えたいと願う。
武術からみた人間 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inotinokoe.jugem.jp/trackback/87
この記事に対するトラックバック