いのちの声 無端庵的こころ               

国家危急! 洗脳から覚醒し悪魔の思想から離脱せよ!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark

日本人消滅作戦

大東亜戦に破れて、優秀な『男』たちはほとんど帰ってこなかった。 あるものは、南方で玉砕し、シベリヤで餓死、病死し、内地に残った学生たちも特攻に散った。 ハーグ条約を無視した、非戦闘員への攻撃で国内の都市は空爆され、あぜ道を逃げる農夫にさえグラマン機が機銃掃射をしたという。私のうまれた家には戦時中、牛がいたそうである。松山空襲のとき、家の裏から隣接する松山商業のグラウンドにつないでいた牛さえ撃ち殺されたそうです。(その牛を食べたかどうかは祖母に聞き忘れました) 極めつけは広島、長崎への原爆投下であり、これほど人道に対する罪は人類史上ないであろう。 過酷な報道管制と検閲を行い極東軍事裁判で、最後に残った日本の指導者を12.23(今上陛下の誕生日)を狙い、リンチで殺し、遺骨さえ拾わせず東京湾にばら撒いた。(いわゆるA級の遺骨は秘密裏に回収された・A級ウイキ参照) 自虐史観の刷り込み(ラジオ放送・真相はかうだ)漢字制限(当用漢字・現代かなつかい)武道の禁止・・・・ そこまでして、骨抜きにしたはずの祖国は焼け野原から復興して、1964年東京オリンピックを開催、新幹線さえ作ってしまった。そのころの勢いはすばらしく、ソニー ナシヨナル などの小型家電、日産(フェアレディーZ)などのアメリカ市場への参入はとどまるところがなかった。カルロス・ゴーンの部屋にあるという噂の「Z旗」は彼が若い頃に出合ったZカーの父 片山豊のものであるという。それほどその頃の日本人は経済をアメリカにおいても戦っていた。 1963年コカコーラは新しい市場として日本にすさまじい売込みをかけ始めた。私は、中学1年のとき初めてファンタというものを飲んだ、それは『無料』で全校に配られたものであった。おそらくそのマーケティング戦略は全国規模であったろうと思われる。以降、われわれ世代のものはコーラに何の抵抗もない。1969年にはコーク・ハイが全盛期を迎え、猫も杓子も飲んだものである。 さて、1960年代の日本の急成長はアメリカの恐怖心をあおったのではなかろうか? コテンパンにしたはずの日本は20年足らずでオリンピックを開催できるほどの国に立ち直った。しかも安くて、優秀な 故障をしない家電品、安くてフェラーリを目指すZカーなど、アメリカの基幹産業を脅かしかねない。 しかも、貿易の収支は次第に日本が黒字を刻んでくる。 ここで、立場を変えてみよう、今日本は安価な労働力に下支えをされたシナの製品を膨大に使用しているが、シナの製品は安いばかりで「アジ」がない。いわゆる、世界ブランドに見られる高尚さや 安全性 美的感覚などが低劣であり、私の職業服飾の観点から見ても、とても世界に向けて売れ筋にはならない。たんに安いだけである。 その点で、日本人が企画、監督し、生産ラインまで目を光らせての「中国製」なのである。少し油断すると契約の半分が出来損ないになってしまう恐れがある、事実、私の知り合いは納品の半分がB品で、そのために莫大な損失を蒙った。そのことでシナ製品が日本製を超えることはないだろう。 しかし、1960年代当時のアメリカにおける「日本製」は安いだけでなく高品質! 勤勉で、職人気質の日本人が作り出すさまざまな製品は驚愕に値しただろう。 悪魔の帝國はもとより「日本消滅」が世界戦略の優先課題であった。 膨張する日本人口 成長する産業、これらに歯止めをかける方策がアメリカにあった。(アメリカというより陰の政府の意向) それは、戦略物資である「小麦」に対してポストハーベストを施し、経済性を優先させながら日本国民の生殖能力をそぎ落とすことであった。1970年ころアメリカ産のかんきつ類(サンキストレモン・カルフォルニアオレンジ)を輸入自由化するためという名目で日本の残留農薬安全基準を『改定』させたのである。オレンジは温州みかんの敵ではなかったがレモンは何層にもかけられた農薬 防カビ剤を保有したまま、レモンティーとなって紅茶に浮かんだ! 是で、外堀は埋まった。 その残留農薬安全基準は「日本人滅亡の序曲」そのもの、ついで小麦は強力な残留農薬と共に輸入が行われる。こんな「安全基準」のためにシナからも毒野菜が流入する事態となっている 1970年以降戦後ベビーブーマーとして人口比の多数を占める私たち団塊世代がなぜ生殖能力を失ったか? ポストハーベストの影響は誰でもわかるだろう。 メディアは陰の政府(国際金融資本・シオンの丘)に占有され、情報操作されている。 世界人口が爆発しているというのに、なぜ日本だけが子供ができないのか? それをライフスタイルの変遷というウソにだまされてはいけない! 若い女性の子宮関係の病気がこのところ5倍になったそうだ、私たちを取り巻く『戦後体制』はどの仕組みを見ても 民族の浄化を仕組まれている。 ポストハーベスト
日本人消滅の危機 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

美しき理念『共産主義』

美しき理念「共産主義」 テーマ:真 思潮 alzar77の投稿 史上最も美しい理論は共産主義でしょう。 それは弁証法により進化すると思われました。 ロマン主義、象徴主義、功利主義、犬儒主義、大アジア主義などなみいる思想を超え、20世紀に花開きました。 それは人類が到達したもっとも美しい理念であった。 しかしながら、それを手にしたソヴィエトロシア。シナ中華帝国、三下ではクメールルージュ。ことごとく 自国民さえ虐殺する、全体主義になってしまう・・・・・・粛清、虐殺、拷問、密告・・・ なぜならば、コレは極端なできもしないことをそれらしく構築したいのちの通わない『偽物』思想だったからです 1815年ワーテルローでナポレオンは敗れた、この知らせを、イギリス政府より先に手に入れた、ネイサン・ロスチャイルドは誰よりも先に証券取引所に駆けつけ』『英国債』を売った、コレを見たディーラーたちは 『英国が』負けたものと思い狼狽売りをした、コレが原因で相場は暴落、相場が底値を打ったところで、ネイサンはそれを買い占めた。 その豊富な資金でユダヤの青年カール・マルクスに勉強させ、旧支配体制・既存社会を崩壊させる理論をロンドンの図書館で書かせた。 文盲のロシアは疲弊していた、これらの新しいユートピア理論は、現実の飢餓と貧困を克服するに違いないとロシアの民衆が信じてもしかたあるまい。 しかし、現実には、大英帝国や、その継承者の大米帝国と敵対し、お互いに争うことを運命とされた思想であり、20世紀においてどの戦争より多くの自国民の犠牲を強いられた(粛清)のであった。  これをもって「悪魔の思想」と名づけたわが国の先賢はその危険性を訴えたが、まだ足りないものがある それは、ルーズベルト大統領の周りには300人の共産シンパガいたということである。 話が込み入って申し訳ないが、要するに、アメリカ新自由主義は「陰の政府」により敵対する構造を自作自演し、シオンの丘を目指す彼らにとって都合のよい役割を果たしたに過ぎない。敵対するものは、欧州にあってはナチス、アジアにあってはすめらみくに(大日本帝国)それらを滅ぼした後は自ら作った共産キューバ、9.11を自作自演して、アラブに介入し、アフガンに増派するらしい いま、地球上にある限りある資源、あるいは質のよい食べ物を「誰が食べるのか」という素朴な疑問を提示したい。  とうに、そんなことはあきらめたというのであれば、アジアの盟主、人類の盟主として「日本」が再生することはできないだろう。今ここで洗脳から目覚めて戦えば、虐げられた者は救われるだろう、あきらめてはならない!
新右翼〜民族派〜その先? | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

移転しました





無端庵ブログはこちらに移転しました

ゴビンダ ジャヤ ジャヤ・いのちの声 / 無端庵]




- | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark

靖国神社


久しぶりで東京に出向きました。靖国 遊就館では 特別展=我レ生還ヲ期セズ=が展示されていました
数々の先人の遺徳を拝見して涙止まりませんでした
- | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

チベット支援 「友よ」岡林信康

 <object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/q3v7gztTy4c&hl=ja&fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/q3v7gztTy4c&hl=ja&fs=1&" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>

長野騒乱から 忘れてはいけない事柄を刻みました

友よ! 戦って 戦い続けましょう
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

一番弟子帰り来る・・稽古



私の最初の弟子は 大学を出たばかりの女性でした
彼女は大阪を代表する「舞踊」の若手の名手です
なぜか、武道を教養に選び私に弟子入りしましたが
「本業」の舞踊に精進することが多くこのところ稽古を休んでいました
華奢な体にかかわらず大観衆にも臆しません
すっきりして、まことにいい感じの「女」に仕上がりました
武号を「蘭水」としてあります

今日の稽古において私の師範代「無識庵」に基道館の無端塾を禅譲いたしました
二人で並んで「国家・伝統」に深い誓いを立てました

本当にいい後継者、弟子に恵まれて幸福です
武術からみた人間 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark

スラムドッグミリオネア

評価:
---
---
---
()
コメント:さすがいい作品でした1500万ドルの予算で製作した(これを低予算というか?)西洋から連れて行ったスタッフは10人 あとは現地クルー脚本は「フルモンティー」をサイモン・ビユーフォイレッドクリフの制作費は1億ドル!人間の物語に制作費は関係ないことがわかりました音楽がまた秀逸です。耳慣れないインドの感覚です「新鮮」

昨夜劇場で鑑賞しました 
映画 | permalink | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark

グラントリノ

評価:
---
---
---
()
コメント:劇場で鑑賞しました。イーストウッド監督独特の抑えた色調ラストシーンに流れる監督の歌ミリオンダラーベイビーと、どちらが「名作」か映画が終わってもしばらく立てないません。 感動が・・・・大きい!

 近頃見た映画です
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

K君に話したこと

 
愛猫プーコ


今から10年位前、、当時高校生だったK君に話したこと

アメリカでは、牛の食用にならない部分、腸などの内臓とその内容物(未消化物・糞)頭部、ひずめ、
角、骨、血、あるいは、病気で死んだものは丸ごと、ひどい病気になった別の家畜、癌になった動物
腐りかけの動物、死んだ犬猫、などをレンダリングプラント(動物性脂肪精製工場)に運び込み
巨大なグラインダー(攪拌機)でミンチにする。それを高温蒸気で処理し、浮いた脂肪分を化粧品
や潤滑油、石鹸、ろうそくワックス原料にする。残りの蛋白原料は乾燥して、肉骨粉にする、しかも
その約4分の1は糞便。
肉骨粉は牛などの食用家畜飼料、ペットフードなどの増量剤とされる。
1997年狂牛病が不安をあおりアメリカ食品医薬品局は牛などの反芻動物に友食いをさせるのを
禁止しました。しかし、牛は、ミンチにされた馬、犬、猫、豚、鳥などの死体から取り出した血や糞便を
食べさせられている。
アメリカでは、当時毎年、8000人の人が糞便に汚染された流行性大腸菌に感染し命を落とした。
食品の毒物汚染の80%が汚染された食肉から発生した。
ハワード・ライマン氏は、この事実をTVで公表し、真実を述べたにもかかわらず、食肉業界から
「裁判で破産させる」と脅迫を受け、長期間に及ぶ苦しい裁判を経てライマン氏は勝訴しました。
イギリスではハエ殺虫剤散布が狂牛病の引き金になったと内部告発した、牧場主の自宅の電話線が
何者かに切られ、雇った弁護士、支持する獣医が次々に謎の交通事故死を遂げた。

「それを口にしてはいけない」おかしなことが多いのです。

理念ではなく「利権」が支配する世界、学問は完全に「資本」の奴隷になっている
白衣を着た奴隷、白衣を着た詐偽師たちに自由にされている。
80%が食品業界の御用学者で、残りの20%がこころある学者・研究者です

以上は「自然治癒力・免疫力」ほんの木刊 2003年発行
に掲載された 船瀬俊介氏の 老いを忘れる から意訳いたしました。


牛肉を1kg生産するために排出するCO2は23kgという試算もあります
また牛肉を生産するために使用する家畜飼料用穀物は食用穀物の16倍
日本国の食べ残しは年間2000万トン、自国の米生産量の2倍です。
2年前この食べ残し破棄の金額は12兆円と試算して、インタビューに答え
朝日新聞に述べると朝日の記者は「非常に多くの」と言い換えました・・・・
このところ、五感が敏感になっているせいか、肥満した女性の体臭が我慢できない
何で、セルライトの塊になってしまうのか、大事な「母性」であるにもかかわらず
鈍感で無知に生きてしまい、子供まで肥満させて・・・・

食べることは、「生きている」こと
戦後の世間は生活習慣病に罹り病気があたりまえになった
わたしは、幸いなことに病気に縁がない、痛い苦しいをなぜに「フツー」と
考えるのだろうか、病気が向こうから来るのではなく、「自分」が引き寄せている
ことに気が付いてほしいものだ。

冒頭の高校生は、いま25歳の青年となり、私の話した現実社会と、理念のあり方を
理解しつつ、成長をしている。
社会のマイノリティーは当然白眼視される、それはいたし方のない状況だ
三島先生はマイノリティーであることを誇りにせよといわれた
「流されて」生きるか「覚醒」して生きるか
わたしは当然後者でありたい、食事は「正しい」ものをおいしくいただく
間違っても、スーパーの出来合いのハンバーグはごめんです。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

パンデミックの危機

07年京都 参議院選


07年の参議院選 私は京都選挙区に置いて「危機」を訴えました
その当時誰も耳を貸してくれませんでした
わずかに16000票 供託金没収です(300万円)

私が議員なら この事態は想定内です
勿論政府も対応が「現在」とは違ったことになっています
京都府民を恨んではいません(バカが96%)

危機です!
これが終熄するのは4週間から無限連鎖(歯止めはあります)
それを実行する器量が政府にあるかどうかです

どうぞお命大切にと願うばかりです
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark